新着情報

2013/02/16

平成25年2月16日(土) 創立50周年を記念して協力会社の皆様をお招きし、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルにて祝賀パーティーを催しました。

平成25年2月16日(土) 創立50周年を記念して協力会社の皆様をお招きし、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルにて祝賀パーティーを催しました。

news_50th

細川一夫よりご挨拶 (伊岳商事50年史 THE鉄道人生より抜粋)

 平成25年(2013)2月16日、伊岳商事株式会社は創立50周年を迎えることができました。
 当社を創立した昭和38年は、東京オリンピックを翌年に控え、日本がまさに戦後から高度経済成長期へと移る端境期ともいうべき時代でした。日本中が熱い空気に包まれ、皆が皆、遮二無二生きていた時代でもありました。そんな時代の空気に背中を押され大阪から上京してきた私は、東京で数年の修業の後、伊岳商事を旗揚げすることとなりました。若干28歳での独り立ちでございました。
 設立まもなくの当社の社員は2名でした。できる人ができることをするというのが伊岳流です。そのわずかな社員たちのたゆまぬ努力によって、少しずつ仕事が増え、社員も増えて、業績は着実に伸長してまいりました。全員が力をあわせ、明るく楽しく仕事をしてきて、あっという間の50年だったように思います。
 顧みて私がなにより有難く思うことは、この50年間の間、当社が無事故でここまでくることができたことです。鉄道は、日本の経済と人々の暮らしを支える根幹です。事故を起こしてはならない存在です。これまで大きな事故も無くやってこれたのは社員一同が常に仕事の重要性を深く受け止め、どんなときも油断することなく、常に前向きに歩んできてくれた結果にほかなりません。私は心から感謝するのみであります。
 ことわざに「人は一代、名は末代」と申します。これまでの半世紀の間、弊社を支えてくださったお客様、メーカーの皆さま、商社の皆さまのご支援とご協力、ご指導が無ければここまでくることはできませんでした。そして伊岳商事がこれから80年、100年と発展していくためには、社員一同の努力はもとより、弊社を支えてくださる皆様のさらなるお力添えが必要と存じます。どうかこれからも伊岳商事にご厚情を賜りますよう切にお願い申し上げます。

新着情報一覧へ

このページの先頭へ